2016年3月18日金曜日

第5回「So What/Miles Davis」でモード・ジャズを弾いてみよう!〜Dorianの世界!〜

こんにちは。ギタリスト・ウクレレプレイヤーの出葉広貴です。

今回は「So What」でモード・ジャズの五回目!
Dorianの特徴に着目してアドリブを弾いてみましょう!

(画像はAmazonへのリンクです。)


アドリブ・ソロを弾いてみよう!〜その2"Dorianの世界を表現しよう!"
前回はコードトーン・アルペジオを用いたアドリブについてご説明しました。
コードトーンを使用したアドリブだと、どの音も安定感がありますね。
今回はそこからワンステップ!Dorianの世界を表現してみましょう!

"Dorianの世界を表現する"というのは、具体的にどういうことかというと、"Dorianの特徴的な音を弾く"ということです。
Dorianと同じく、マイナーの性質を持つ他のモードと構成音を比べてみましょう。

Dorian
1, 2, -3, 4, 5, 6, -7

Phrygian
1, -2, -3, 4, 5, -6, -7

Aeolian(=Natural Minor Scale)
1, 2, -3, 4, 5, -6, -7

Locrian
1, -2, -3, 4, -5, -6, -7

Dorianだけ6番目の音がナチュラルですよね。
これらのモードの中から、マイルス・デイビスがDorianを選んだのは、この第6音にあるのではないでしょうか。

このスケールの中の特徴的な音を、"特性音"といいます。
特性音を多めに弾いたり、ロングトーンで弾くことによって、「このモードで演奏していますよ!」と明示することができるのですね。


Dorianの特性音は第6音。
なので、前回学んだコードトーン・アルペジオと合わせて、

1, -3, 5, 6, -7

を中心にアドリブを構成していくと、Dorianの世界を感じさせつつ、Dm7を弾くことができるわけです。
もちろん、2, 4を弾いても全く問題ありません。
纏まりのある演奏をするために、1, -3, 5, 6, -7を中心に音を選んでもらえればと思います。

------------------------------------------------------------------
荻窪・野方にてギター・ウクレレレッスンを開講中!
ギター・ウクレレは適切な練習によって必ず弾けるようになる楽器です。
現役プロギタリストが親切丁寧に指導いたします。
一緒に音楽のある生活を楽しんでみませんか?

レッスン料金は¥3,000(60分)です。
年会費、入会費、キャンセル料などはありません。

レッスンをご希望の方は、
・お名前
・ご連絡先
・レッスンをご希望の楽器
・(もしあれば)弾いてみたい曲
・(もしいれば)好きなミュージシャン
・レッスンのご希望日時

などをご記入の上、dewahiroki@gmail.comまでお送りください。
ご不明な点などございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。
お待ちしております!

詳しいご案内はこちらをどうぞ。

0 件のコメント:

コメントを投稿

今週の人気記事